2024年度 安比高原サマーキャンプ 8月1日(木)〜8月3日(土)

2024年度 安比高原サマーキャンプ 8月1日(木)〜8月3日(土)

大自然で自創と共創を学ぶ

「感じる」ことは学びの原点。
自然の中で五感を解放し
ノンジャッジメンタルでまず感じ、
そして深く知る。

安比高原に広がるブナの森は空気が美味しい! 圧倒的な星空がもたらすとてつもない開放感! 自然に包まれた「遊び」中で心身のリラックスと脳の柔軟により、学びが定着しやすくなります。自然と人が共生する里山には、多様な生き物に出会える可能性が沢山!自然を感じながら“神秘”“不思議”が好奇心の扉を開き、探究心、想像力、生き物への慈愛、創造力を育む3日間を提供します。

安比高原ってどんなところ??

岩手県八幡平市に位置し、東北新幹線盛岡駅から車で約50分、花巻空港から約70分の距離にあります。四季折々の美しい自然が広がる牧歌的な草原地帯で、特に冬は質の良い雪で知られる人気のスキーリゾートです。歴史的には千年以上前から在来馬の産地として放牧文化が栄え、江戸時代には漆器製造も盛んでした。昭和30年代頃まで豊富な森林資源により繁栄した里山です。

安比高原サマーキャンプでは
どんな事をするの?

自然学校の校長がお子様を
大自然の冒険へ誘います。

地元で生まれ育ち65年、夏は山で、冬はスキーと大自然を知り尽くした自然学校校長のブンさんが子ども達を大自然への冒険にお誘いします。

安比キャンプは 美しい森に囲まれた里山で仲間たちと力を合わせて自然観察と色んな遊びや自給自足の食事に挑戦する場です。自然と関わることで何よりも挑戦と失敗を経験し、仲間と話し、里山の人の生き方を感じてください。
安比キャンプは 美しい森に囲まれた里山で仲間たちと力を合わせて自然観察と色んな遊びや自給自足の食事に挑戦する場です。自然と関わることで何よりも挑戦と失敗を経験し、仲間と話し、里山の人の生き方を感じてください。

冒険のベース基地は、
こちらのロッジ。

裏の小川で水遊びや魚釣りが楽しめます。お庭にあるBBQスペースでは、地元のお米で飯盒炊飯、自分で収穫した野菜や魚でBBQなど、地産地消の食育体験をはじめ様々なアクティビティを企画しています。

どうしてこんなに空気が美味しいの?
ブナの二次林で感じる冷んやり感。
そこで循環する命を見つける。

森の中は冷んやりしていて、とっても気持ちが良い!自然と呼吸が深〜くなります。実はそれには理由があります。自然のすごい力や、そこに息づく植物や生物の生態系を、まずは感じるままに、探索してください。次々に面白い発見がありますよ!それから、自然の先生がわかりやすく説明してくれるので、「へぇ!!!」「わぁ!!!」「すごい!!!」の連続です。
Feel度Walkで子供たちの好奇心のドアをどんどん開けながら自然の中を歩いていきます。

こんな生き物に出会えるかも!

  • モンキチョウモンキチョウ
  • ハコネサンショウウオハコネサンショウウオ
  • ギンリョウソウギンリョウソウ
  • ヨツバヒヨドリヨツバヒヨドリ
  • ヒメボタルヒメボタル

まるで宇宙を旅しているみたい!

お天気が良いと、夜空は満面の星空となり、天の川もくっきり!星空を観察しながら、宇宙と地球と私たちの壮大な関係を感じてほしい!

郷土料理で地域の風土に触れる。

日本三大蕎麦と称されるわんこそばが有名な岩手県。中でも安比高原はそばの名産地で、市内各所にそば畑があり、安比高原周辺には広大なそば畑が広がっています。地域で収穫したそばを使って、地域のそば打ちの名人からそば打ちを直伝いただき、茹でたてをいただきます。

火育:薪割りから火おこし、
火を使うを体験。

子ども達は“火”が大好き!しかし日々の生活で火を扱うことは殆どありません。現代の生活では“火”はスイッチ1つで点火されるもの。しかし元々私たちは自然の中にあるものを使って、火を起こし、活用し、文明を発展させてきました。お子様方に、火の燃料である薪作りから、火おこしを体験いただき、小さな火(炭火、竈など)、大きな火(キャンプファイヤー)を経験していただきます。火を扱う事で何かを沢山「感じる」ことでしょう!

お子様が得られる5つの価値

1

協働を学び、「できた!!!」
をたくさん味わえる

さまざまな体験を通じて、年上の子は年下の子を、力の強い子は弱い子を、しっかり守り、助けることを協働生活で学びます。自分のことは自分で行い、夜ごはんも自分たちで作ります。一人ではできないことはみんなで力を合わせます。そして、『できた!』の経験を多く味わうことで、自己肯定感、自己効力感を育みます。

2

縄文文化が息づく里山での営みに触れ
サスティナブルを学ぶ

ここには、自然と共生してきた長い営みで育まれた独特の風土や文化が息づいています。この地域の人たちはサスティナブル。自然からの恵は来年も得られる様に、必要な分だけ頂き取りすぎません。節度を守り、欲望に振り回されずに生きることの豊かさが在ります。物質的な豊かさだけの追求でなく、精神的な満足や感謝の心を持つバランスの取れた謙虚な精神をここで感じてください。

3

圧倒的な自然体験

子どもの自然体験は特別な意味があります。宮沢賢治の「雪渡り」の中で狐の幻燈会参加年齢が「11歳まで」と制限されていますが、これは大人の価値観が定着する前の子どもたちの柔軟な想像力、澄んだ心の大切さを訴えたものです。大人は子供の自然体験を知識につなげ様としますが、子どもの自然体験は五感をとおして様々な力を育むバランスの取れた人格形成の発達につながります。

4

「火をおこし、命をいただく」を
体験する、火育と食育

マッチを擦り、「火」を付けることが少ない現代、 「火」の魅力や危険性、さらに「火」を活かす知恵を伝える場面もありません。縄文文化が発達した要因は火を使い土器づくりとドングリなどを煮ることで料理したことです。「火」は仲間と協働することで様々な使い方にもなります。今回は焚火をつくり様々な食事に挑戦します。そして私たちの料理に「火」(エネルギー)が不可欠であることを感じてください。

5

ノンジャッジメンタルの環境で
安心して「チャレンジ」する

このサマースクールには正解は有りません。お子様方をサポートするのは、小学校教員はじめ体験学習のプロ。様々なアクティビティでのチャレンジを見守り、心的安全性のある環境で、子ども達は肯定されながら個性を伸び伸び発揮します。

こんな方におすすめ!

  • 都会では体験できない大自然から何かを感じて欲しい!
  • 生き物が大好きな子なので様々な生物に触れさせてあげたい!
  • 初めて親元を離れての共同生活を体験させたい!
  • 自然体験は経験豊富のプロフェッショナルにお任せしたい!
  • 答えがない問いを沢山見つけてほしい!
  • 一人っ子なので協働体験で擬似兄弟の経験ができたら嬉しい。

私たちがお子様の冒険を
お手伝いします!

リーダーぶんさん
特技
北東北四季の山歩き 特に雪山ツアー 地図を作ること
好きなこと
自然と人の撮影
はまっている事
里山の自然環境整備

参加者に一言

安比キャンプは美しい森に囲まれた里山で仲間たちと力を合わせて自然観察と色んな遊びや自給自足の食事に挑戦する場です。
自然と関わることで何よりも挑戦と失敗を経験し、仲間と話し、里山の人の生き方を感じてください。

みんるい
特技
ピアノの弾き語り・ダンス
好きなこと
美味しいものを食べること・友達とのおしゃべり・YOGA
はまっている事
ゴルフラウンドレッスン・茶道の点前探究

参加者に一言

安比の美しい自然の中で一緒に深呼吸をしよう。
何にもとらわれないで、ただただ自分の感じたことを見つめてみよう。
たくさんの「はじめて」や「おどろき」を楽しみ、友達と分かち合おう。
この3日間が終わる頃には、素敵なチームになっているよ。
みんなと一緒に安比で過ごすことを今からとても楽しみにしています。

みきちゃん
好きなこと、はまっていること
読書、猫、辛い食べ物

参加者に一言

安比は初めてです。大自然を体いっぱいで感じ、共にたくさんの発見をしたいです。
一緒に過ごすから気づいた!一緒に過ごすから面白い!とみんなで活動するよさを満喫しましょう。

よっしー
特技
サッカー、泳ぐこと
好きなこと
アウトドアの活動、サッカー、読書、サウナ
いろんな人と出会うこと

参加者に一言

安比高原の自然を一緒に感じて、楽しいサマーキャンプにしたいです。みんなとどんな思い出ができるのか楽しみです。
いろいろなことにチャレンジして素敵な3日間にしましょう。

過去のイベントの参加者の声

しょうがっこう1年生

みんなと仲良くできてよかった

小学校3年生

楽しかったし、自分の意見が言えてよかった

保護者

何気ない風景が子どもにとってはなんでも学びにつながる事と子どもの発想力に感心しました

中学生

自然の散策、とても気持ち良かった、次は違う季節にも来てみたいです

募集概要

募 集 人 数
15名程度 (スタッフ7名以上で対応)
応 募 資 格
小学校1年生〜4年生
宿     舎
イーハトーヴォ安比高原自然学校
宿泊棟5棟(8人部屋×2、4人部屋×6、2人部屋×2)
選べる集合場所
東京駅集合、盛岡駅集合、現地集合
会     費
30,000円+盛岡までの交通費 ※申込フォーム参照
申 込 方 法
下記の申込ボタンから必要事項を記入しお申し込みください。お申し込み多数の場合は、抽選とする場合があることをご了承ください。

スケジュール

8月1日
東京駅8時15分集合(東北新幹線 東京駅8時37分発-盛岡駅10時55分着)
盛岡駅集合組と合流、車で安比高原へ移動 現地12時~12時30分頃到着
現地集合組と合流
昼食 ネームホルダーつくり 里山ふれあいツアー「手伝い・収穫」
飯盒でご飯をつくろう 夕食(BBQ)
8月2日
中のまきば(草原)ツアー 草原で朝食 ブナの森Feel度Walk
昼食(流しそうめん) 川遊び かまどづくり カレーづくり
キャンプファイヤー
8月3日
里山散歩 朝食 りんどう収穫体験 お土産づくり 昼食(手打ちそば体験)
振り返り 知図づくり
14時30分頃プログラム終了 盛岡駅まで車で移動
(東北新幹線 盛岡駅15時39分発-東京駅17時56分着)東京駅解散

上記スケジュールは変更になる可能性がございます。
変更が生じた場合には、参加予定者を対象とした特設WEBサイトにて、お知らせいたします。

PAGE TOP